カラーセラピー

失恋の苦しみから逃れるために必要な色、前へ進むために必要な色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。カラーコーディネーター兼カラーセラピストのnrk color circle安田紀子です。

今回ご紹介するカラーセラピーの事例は「失恋」です。

多くの人が経験したことのあるつらい体験…でも、その状況や心の動きは人それぞれです。あなたがつらい理由は、今、気になっている色から読み解くことができます。そして、そのつらさを改善するために必要な色もわかります。

立ち直るために必要な色を使って、ゆっくり前に進みましょう。

5年も付き合ったのに…どうしたらいい?

お悩み

「最近、5年付き合った彼氏と別れました。 理由が自分でもよく分かりません。仕事をしていてもそのことばかり考えてしまいます。諦めなくちゃ、終わったんだと言い聞かせていますが、思い出すと涙が出てきます」

 

選んだカード

その色を選んだ時の心の状態

1st color<上層・赤/下層・緑>

赤は今回、急に気になった色だそうです。緑は昔から好きな色ではありますが、赤に組み合わせるようなことはしないとのこと。 赤と緑は補色の関係にあるため、反対の性質を示している可能性があります。 赤が上層にあるため、「不満」や「怒り」といった感情が下層の緑が持つ「自然体」「調和」といった気持ちを押さえつけています。 本当は自然体でゆったりとした気持ちで過ごしたいのに、負の感情が表に出てきそうになり、そのギャップに苦しんでいるようです。

2nd color<上層・紫/下層・マゼンタ>

2nd colorは2色とも昔から好きな色とのこと。 現在の課題を表す2nd colorの2色ともが昔から好きな色であるということは、杉田さんの性格を知るヒントになります。 マゼンタからは「献身的に尽くしてもわかってもらえない」といった感情が、紫からは深く落ち込んでいる様子が分かります。 彼氏に対しても、尽くしすぎた結果、報われずに「こんなに尽くしているのに」という見返りを期待してしまう気持ちが大きくなっていた可能性があります。

3rd color<上層・黄色/下層・ピンク>

3rd colorには潜在的な願望や目標が表れます。 上層の黄色は「前向き」「冷静な目で見る」ということを、下層のピンクは「優しさ」「思いやり」をもたらしてくれる色です。 他人に優しく接するあまり、自分をおさえこんで我慢してきたことがたくさんあったようです。ピンクでまず自分に「優しさ」と「思いやり」を与えてあげましょう。 そして、上層の黄色から自分でも冷静に彼との別れを受け止めつつあることが分かります。

カウンセリング結果

状況を改善するために必要な色

2nd colorの紫

杉田さんには、本来の自分自身を取り戻してもらえるよう、昔から好きだった2nd colorの紫をヒーリングカラーとして取り入れてもらうようにしました。 紫は「統合」の色ですし、心身を癒す色でもあります。心の平穏を保つためには最適な色と言えます。 同時に、サポートカラーとしてピンクも取り入れます。ピンクの持つ優しさを、自分自身に与えてあげてほしいからです。

パーソナルカラーを利用した活用方法

紫やピンクは洋服だけでなく、メイクカラーとしても取り入れることが可能です。

パーソナルカラーを活用して似合う色を身に着けることで、魅力もアップします。周囲からの評価がアップするだけではありません。心を癒しながら同時にキレイにもなれるのです。利用しないテはありませんよね。

急ぐ必要はありません。ゆっくり紫のチカラで癒されてください。

10タイプ分類でオススメの紫

いつでもどこでも受けられるカラーセラピー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*