10タイプ分類のパーソナルカラー

パーソナルカラー写真診断に必要な知識や感覚でもあります!カラーIQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

カラーコーディネーター兼カラーセラピスト・パワーストーンセラピストのnrk color circle安田紀子です。

カラーIQテストってご存じですか?たまたま見つけたんですけどね(カラーIQテストはこちら)。

やってるうちに、「あ~これ、色調整で必要だな」「これは、知らないと色を判別するときに困るな」というような問題が多く出てきました。

で、改めて痛感したのが「パーソナルカラー対面診断と写真診断の違い」です。

もともと私はパーソナルカラー診断のためにカラーの勉強をしたわけではなく、もともとは色調整のために始めました。

当時は会社の中で写真の色調整などをしていて(若干、デザイン的なこともしていたけど)、そこでWEBの色とプリントされた色の違いなどに触れていました。

その後、独立した際に(まぁ女性だからなんでしょうけど)パーソナルカラーをやってください的な依頼をいただき、パーソナルカラー診断を始めました。

せっかくなので写真の色調整の知識や経験も活かしたいと思って写真診断をメインにしているのですが、やはり写真診断はパーソナルカラーの知識だけではできないと思っています。

パーソナルカラー診断は、パーソナルカラー診断に関してだけ学んだ方でも十分に診断できます。一般的な色彩学とは異なる点も多くありますし、カラーコーディネーターの資格がなくてもできますし。

でも、写真診断はパーソナルカラーだけではなく「色」全般を学んでいないと難しい診断です。

対面診断とは少し違う技術が必要な診断であるという点を、みなさんにも知っていただければなぁ~と感じました。

effa3e2f339a681b801b428f661162d3_s

※写真はイメージです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加